月灯りの移動劇場ってなぁ〜に?


古材を使った巨大おもちゃ箱に木のおもちゃを詰め込んで!

 
パリを拠点に活動してきた浅井信好(演出・振付・舞踏家)が2015年から名古屋を拠点に創設したダンスカンパニーです。
古材を再利用して作られた、まるでマトリョシカのような巨大なおもちゃ箱《月灯りのおもちゃ箱》や自然そのものを題材に使い、マイムとダンスによって言葉のない演劇《フィジカルシアター》を行います。そして、専用の野外劇場《月灯りの移動劇場》を使い、全国の空き地や駐車場を利用した野外公演も行っています。
名古屋の中川運河沿岸の町工場の職人さんと共に、『モノづくり+アート』によって、この地域だからこそ、作り出せる作品を作り続けています。
 

 
おもちゃについて

こんなものを作ってるよ!


 古材やアンティークの雑貨、そして木のおもちゃを使った美術や舞台作品

 
木のおもちゃ アンティーク雑貨
影絵 演劇
野外劇場 名古屋
野外劇場 演劇
おもちゃについて

どんな人たちが作ってるの?


 アーティスト、ダンサー、音楽家、建築家、おもちゃ作家、町工場の職人さん、学生が参加

 
名古屋 コンテンポラリーダンス
 
名古屋 ダンス

Instagram